読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ニュートン、ガリレオも唖然】遂にあの〇〇が証明されました

元アパレル店員さやか×HappyLifeなう(^ ^)♡

公式ホームページからプレゼントを受け取る

 

おはようございます!

さやかです。

 

今日は少し暖かいですね!

 

それでも

昨日はもう4月半ばなのに

めっちゃ冷えてましたね

 

冷え性の私はブログを書きながら

手先の冷えをめっちゃ感じてました笑

 

 

今日は成功している人が

無意識で実践している"ある行動"について

お話をしていきます。

 

 

「あの人は理解力がズバ抜けてる。」

「なんでそんなに早くできるの?」

 

なんて思っていまう

相手って意外と周りに多いですよね?

 

 

私は少し前までいつも思っていました。

いわゆる"劣等感"を抱いてました。

 

・新しい役割を頼まれている同期

・猛スピードで結果を出す新人

 

彼らを見るたびに

私の中にあるモヤモヤした感情が

刺激され続けていました

 

 

いつしか彼らに自分を重ねて

 

・新しい役割を頼まれている自分

・新人として猛スピードで結果をだす自分

 

を勝手に想像をしながら

いつも仕事をしていました

 

 

"私も〜〜だったらな"という

人間なら誰しもがもつ感情だと思いますし

人一番私は強かったです

 

 

しかし、成功している人は

科学的にも証明された"ある行動"を

無意識行っているそうです

 

 

 

f:id:sayakak522:20170413120049j:plain

 

 

 

それは

 

接触回数=成功スピード

 

を知っているということです。

 

 

例えば、

 

「私より1年遅く始めたのに、

変わらない結果を残している。」

 

一見、"センスや経験値が違う"と

まとめてしまいそうですが、

私が思うに、一切関係ありません。

 

 

つまり

 

あなたが1年間していたことを

行動ベースに倍速で実践しているだけです

 

 

"センスや経験があるからいいよね"

"人見知りでうまく人と話せなくて"

 

これは間違いではないので

否定はしませんし、すごく共感します

 

 

それでも上手くいっている人は

接触回数を増やし、自分で経験を重ねて

圧倒的なスピードで結果を出してる

 

 

私はあるお世話になってる方から

頂いたアドバイスを受けて

気づくことができました。

 

 

まずは今すぐに気づくことです

 

接触回数は何でも構いません。

 

 

「上手くいっている人の近く」

「忙しく時間が取れない生活リズム」

「営業、アポの数」

 

 

どれか1つ決めてみましょう

 

 

たったそれだけで

"劣等感"はいつの間にか消えて

 

 

「○○さんの近くで仕事をしたい。」

「本当にありがとうございます。」

 

 

と言われるまでの自分まで

どんどんと近づくことができます

 

では次の更新でお会いしましょう(^ ^)

 

 

元アパレル店員さやか×HappyLifeなう(^ ^)♡

公式ホームページからプレゼントを受け取る